• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« 2012年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2012年6月17日 (日)

D3AA LogSearchの結果

D3aa先日10mCWでQSOしたアフリカのアンゴラ/D3AAですが、無事ログサーチでQSO成立を確認しました。

すでにSASE発送済み。

到着を待つのみです。

2012年6月 4日 (月)

VO1MP キター!

Vo1mp昨年11月にe-QSLでVO1MPと9Z4CTがcfmできたと喜んでいたら、
ローカル局に通常のDXCCにはNGと指摘されガックリ。

でもめげずに、ダイレクトで請求していたらVO1MPが戻ってきました( ̄ー ̄)ニヤリ

実はこれが3回目の請求。同封したGSは・・・・・えらい高いQSLだなっと。

VO1MP St.Philips, Portugal Cove, Newfoundland,Canada 25Mar2001 2249UTC 10mSSB

このQSLは正確にはDXCCには関係ないけれど、VEのコールエリアは一つ埋まりました。
たった一回のVO1とのQSOですので貴重なQSLになりますし、北極越でVO1まで自分の電波が届いたかと思うと浪漫を感じます。
ってことは、FPやCY9も十分QSOの可能性ありってこと??自分に都合よく考えております、Hi。

2012年6月 3日 (日)

New One ! アンゴラ

Angola久しぶりにおニューをゲットしました。

D3AA  1257UTC 599 10mCW 国名:アンゴラ

40分くらい2.06KHz up で呼び続け、リターンあり。
リターンの瞬間は、一瞬わからず、「シーン!」として
再度当局のコールが叩かれ、確認できました。

弱小局には、本当に久しぶりのニューワンです。

あとは不良債権にならないようにcfmしなくてはいけません。
qrz.comによると、OPはロシア人で、年に4回休暇で本国に戻るので、その時にQSLが発行されるとのこと。次回はなんと来月との記載もあり!

さっそく本日航空便で発送します。

さて、南部アフリカ大陸は、これでレソト(7P)のみとなりました。以前、7Pをボケーっと聞いていただけで、
コールもしなかった”あの局”がうらめしいです。

 

« 2012年5月 | トップページ | 2013年8月 »