• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月19日 (日)

1週間出張です

明日は福岡/博多に入り商談ですが、翌日から台北に移動します。

今回の出張は、福岡>台北>中部国際で帰宅というスケジュールです。

相変わらず人使いの荒い会社です。またもや日本は祝日なのに、海外では無関係に仕事をさせられます。

クリスマスなので、誰も付き合ってくれずに寂しい1週間になりそうです。

2010年12月14日 (火)

本日のQSO

7MHz/CWでUA0YMとQSO。結構強かったがQSBの谷ではカスカス。しかもキーイングが早すぎてついていけない(涙。

でも、ザコながらZone23という響きにチョイ酔う。QRZ.comによるとQTHはRepublic of Tyvaだそうな。????

2010年12月12日 (日)

本日のQSO

Antenna_against_clouds_090717_002 2204JSTにK2VV JohnとQSO。

559をもらったが、QRNで凄い厳しかったが何とか成立。

いつものことだが相手の設備に助けられる(画像はQRZ.comより)。

Missouri州なのでうれしい。

What is OQRS?

先日のZL8Xがバンドニューでしたので、そろそろQSLを発送しようとWebを覗いたら、OQRS(= Online QSL Request Service)について告知あり。

要はWebからQSL発行の申請をする仕組みです。

ビューロとダイレクトを選ぶのですが、ダイレクトには以下の記載があります。

「In combination with a minimum donation of US-$ 5,- or EUR 3,- your ZL8X QSL card(s) will be sent directly to your address.」

当局の場合は、QSOはひとつだけ。

高いというか、あまりに商業主義というか、もちろんビューロでの申請となりました。

ビューロでも、昔みたいには時間がかからないんじゃない~!?

CP6 > CP8040

Cimg6179_2アンテナをCP6というGPから、同じくCP8040に変更しました。

CP8040は、過去移動運用に使用していましたが、寒くなってきたことで固定局使用にしました。

長いので、上げるのに苦労/時間を要しました。

遠州地方は、冬は”遠州からっかぜ”と呼ばれる強烈な西風が吹くので、大型アンテナは心配の種。

でもこの手のアンテナなら安心です。

Cimg6177_2今年2月号のCQ誌で、GPのラジアルを同バンドで2本取り付け、利用できる帯域を拡げるアイデア記事がありました。

このCP8040も本来は40mと80mの各ラジアル1本が標準です。

今回は、40mのラジアルを2本取り付けて、中心周波数をずらして、PhoneとCWで遊ぼうという作戦です。

メーカさんの取説では、SWR1.5以下の帯域が30KHzですので、そもそもバンド全体のカバーはムリ。1.5の外側は急激な放物線です。

中心周波数を、7.020と7.110にしました。CWのDXwindowと国内のんびりQSO(JCC/G huntingのこと。本当はPhoneのDXも狙ってる~) がその理由。

でも調整が完了していません。

家の屋根が影響しているのでしょうか。

SWRが下がりません。中心fも7120付近にいて、ラジアルのアルミパイプがいっぱいいっぱいで下げられません。

ん~!?アルインコWebで長いアルミ丸パイプを購入しましたので、それで再挑戦します。

2010年12月11日 (土)

本日のQSO

Dt0hf DT0HF Suwon,Korea 1716JST 40mCW 水原の倶楽部局だそうな。

_050 UA3TCJ Russia 2208JST 40mCW OP.Andyさんは当局より3歳若い。このレベルの差はデカイなぁ。

QRZ.comにある家族の写真もvyFB!

2010年12月 5日 (日)

ZL8X Kermadec Is.

Zl8x_sticker1 久し振りに書き込みます。。。生きておりまする。

先週末のWWDXC/CWは移動運用したかったのですが、いつものごとく、仕事がQRLLで参戦は自宅からチョッピリ。

でも、ZL8/Kermadec IslandとHD2(HC)Ecuadorと40m/CW でQSO。

ZL8XのWebでしっかり確認!データのアップロードも早いんですね。凄いなぁと妙に感心。。

昔のペディで10m/SSBはあったが、今回はうれしいバンドニューでした。

« 2010年8月 | トップページ | 2011年1月 »