• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« 福岡出張 その1 | トップページ | 福岡出張 その3 »

2007年5月27日 (日)

福岡出張 その2

Kinninn_1 泊めてくださったS部長が福岡を案内してくださるとのこと。元来歴史に興味があったので、志賀島「金印」をお願いしました。志賀島は「海の中道」という道で繋がっており、正確には島ではなくなっています。金印公園へ行きましたが、画像の案内板と金印の刻字を碑として飾っていただけでした。国宝ですから、そんな公園にあるわけはありませんよね。画像の一番下の文章で、実物は福岡市博物館にあることを知り、早速移動です。

Shikanoshimaumi_1 すばらしいサンドビーチが続く志賀島の入り口付近です。砂はカーキ色、海はエメラルドグリーンで、汚れを知りません。私の地元の海は、砂が黒で、リゾートという雰囲気ではないんです。また夏に出張したいですなぁ~。

さて、西暦57年、後漢の皇帝から、奴国の王がもらった金印ですが、福岡市博物館にありました。写真撮影禁止なので、画像はありませんが、1950年前のモノなのに、金色に燦然と輝いていました。私の記憶では、漁師さんが海の中で拾った程度を記憶していましたが、実際には島で農夫が畑仕事している最中に石棺を発見、その中に金印が入っていたのだそうです。どうしてそこに、そのような形であったのか・・・ミステリーのままだそうです。

« 福岡出張 その1 | トップページ | 福岡出張 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185701/15219753

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡出張 その2:

» 九州一の歓楽街に異変 [地域ブランド・イントロダクション]
消えゆくネオン!? 中洲4分の1以上撤退 ネット広告が圧迫5月28日10時6分配信 西日本新聞九州一の歓楽街、福岡市博多区中洲の象徴とも言える那珂川べりのネオン群に、異変http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000004-nnp-l40栗使いアイデア菓子試作品内部評価会に26点/茨城【関東】日本農業新聞同プロジェクトの推進母体となっている、いばらきのお菓子づくり研究会はJA全農いばらき、県・�... [続きを読む]

» 志賀島から志賀町へエール [福岡シティ情報バンク]
福岡市東区の志賀島と石川県能登半島の志賀町とは、古代からつらなる深い縁で結ばれているそうです。 [続きを読む]

« 福岡出張 その1 | トップページ | 福岡出張 その3 »