• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

インターネット/漫画喫茶

Cimg2593生まれて初めてインターネット/漫画喫茶へ行きました。娘も一緒で、最初は「本当にいってもいいの?」とビビリ気味でした。というのも、学校では、喫茶店へ行かないように指導しているせいで、”怖いところ”という印象が強いのでしょう。行ってみたら、清潔で、設備も良くあっと言う間に2時間が経過。本も雑誌も読みあさり、ネットサーフィンをし、好きなドリンク飲み放題で病みつきになりそう。僕としては、家でできない仕事も”集中”してやれそうな感じです。今度は是非、家族で広い部屋のDVD視聴(5.1chサラウンドシステム)も試してみたいな。のんびりした日曜の昼下がりでしたっ。

姫路城に感動です。

Mid 仕事の関係で28~29日関西へ出張しました。大阪市内で商談の後、姫路市へ移動。夜はお客様においしいお酒をいただきながら楽しく過ごし、同行していた上司と緊急会議。「せっかく来たんですから~」「そうだなぁ」で即決裁。翌朝は姫路城へ足を運びました。姫路に何回か来ていましたが、いつも姫路駅新幹線ホームから眺めるだけ・・・。ホテルから約15分くらいで到着。近づけば近づくほど、その雄大さ、華麗さに圧倒されました。

119_1922 姫路城に入る前のお堀の写真です。朝早めの時間に見学に行ったお陰でしょうか。あまり混んでおらず、紅葉が始まった木々が水面に映っています。

119_1924 姫路城本丸に行くにはこの広場を横切るか、迂回していきます。それにしても広いですねぇ。ちなみに後ろ姿は、いつも叱咤/激励をいただいている上司の鈴木さんです。

 

                           

119_1933 こちらは私。仕事には息抜きも必要です。

119_1934_2 まだまだ本丸までは遠い。テレビ番組の武士が登城するシーンで出てきそうな雰囲気。いい感じです。

119_1961 どこから写真を撮ってもサマになる!下手くそカメラマンでも、名カメラマンになれる・・・・・国宝、いや世界文化遺産・姫路城だから為せる技か。

築城 1601年 池田輝政(徳川家康の女婿)築城の工を起こす
    1609年 天守閣竣工
    1618年 本多忠政 嫡子忠刻とその室千姫(徳川秀忠長女)のために西の丸を造営し、今日に残る城郭の全容が整う

敷地 内濠以内 約7万坪(23ha) 外濠以内 約70万坪

文化財 国宝8棟(天守閣群) 重要文化財74棟(その他の建造物)

大天守 高さ46m(石垣14.5m 建物31.5m 海抜92m) 面積 約2,400㎡ 重量 約5,700t

大天守の鯱 高さ 1.9m 重さ375kg

平成5年12月、姫路城は法隆寺とともに、日本で初めて世界文化遺産に登録されました。

2006年10月28日 (土)

EU-151

Ea5kb Penyeta del moro,Spain,Europe 《 EA5KB 12Feb2000 0810UTC 10m SSB 》この卑猥なものはいったい何なのか。宇宙人のナニか、それとも古代人が崇拝したナニか・・・・ともあれ当局にはNew IOTAであり、このナニで"喜び"を感じております。QSLマネージャーで有名なEA5KBでした。では!

2006年10月27日 (金)

ちっちゃぁ~

Hr2bdc Cayos Cochinos,Honduras,North America 《 HR3/HR2BDC 12Oct1991 2318UTC 10m SSB 》 名刺サイズのQSLは時々見ますが、それより一周り小さいです。文章を読むと、聖書の一節があったり布教活動されているような感じです。

Hr2bdcr 裏面に貼ってあるバナナブランドシール「Chiquita」「ONKELTUCA」が意味不明。IOTA NA-160。

CN8WW

Cn8ww Morocco,Africa 《 CN8WW 26Nov2000 0100UTC 10m CW 》 いよいよWWDXC/PHですね。私は参加しませんが、皆様の健闘を出張先の姫路から、揖保の糸でも食べながら祈っております。QSLはCW部門でゲットした物で、ドイツのBavarian contest club(BCC)によるものです。これだけ熱中できて、財政的に羨ましい限り。HPはドイツ語でよくわかんな~い。

2006年10月26日 (木)

AP2MQ

Ap2mq Lahore ,Pakistan ,Asia 《 AP2MQ 04Aug1981 1418UTC 15m SSB 》高校生の時、毎晩のように聞こえてきたMansurさん。IC-710S 10W+Luso DX-5の時代だなぁ。近年はあまり聞かない、レアな気がする。ランクアップ中? 

2006年10月25日 (水)

VB2V

Vb2v Lac Quescapais,Quebec,Canada,North America 《 VB2V 27Oct2001 2130UTC 10m SSB 》ちょうど5年前のWWDXC/PhoneでQSOしたZone2です。DX-Pediでよく見る”おそろいのシャツで記念写真”ではなく、”農作業の合間をみながらQRVして記念写真”!みたいなQSLで親近感が沸きます。このQTHがどういうところかは良くわかりませんが、様子は彼らのHP→TeamZone2で見ることができます。LogSearchもあり、自分を検索すると周波数28715も出てきました。サイクルコンディションも絶好の時であり、バンドいっぱいにDXが群がっていたことを思い出します。早く来い来いサイクル24!

2006年10月24日 (火)

Macau ex.CR9

Cr9bh Macau,Asia 《 CR9BH 03Feb1982 0812UTC 10m SSB 》はい、澳門(マカオ)です。現在はXX9というプリフィックス(PX)が使用されていますが、当時はCR9でした。この「CR」というPXは、DX雑誌/本によくあるDXCCの歴史という部分に良く出てきますね。昔の植民地支配の名残のようなPXで、独特の印象を与える”響き”であると思います。写真に写っているのは、ご存じMartti OH2BHです。若いなぁ、ちょっと太ってない?という声が聞こえてきそうです。

2006年10月23日 (月)

A bus around the world!

S2ha5bus HA(ハンガリー)のハムが2年かけて、バスで5大陸の30カントリー以上(72,000km)を走破、DX-Pediを行ったときのものです。このQSLは、S21/バングラデシュからのQRVの時のものです。バスで各国を巡った経緯は良くはわかりません。バス製造会社の人で、高品質をPRしたかったのか、単純にバスに寝泊まりしながらDX-Pediが第一の目的だったのか・・・・。
S2ha5busr Bangladesh,Asia 《 S2/HA5BUS 11Apr1992 1103UTC 10m SSB 》 JAでも堀江OMが、単独ヨットで世界を廻った例がありますが、バスで廻るというのは、私の経験としてはこれだけです。

Chatham Islands

Zl1amoc 昨日に引き続いてRon/ZL1AMOのPediです。
Chathan Islands,New Zealand,Oceania 《 ZL1AMO/C 30Mar1983 0149UTC 10m SSB 》 衛星写真チャタム島です。

2006年10月22日 (日)

Kermadec Islands

Zl8aas ニュージーランド領ケルマディック諸島(発音は”カーマディック”)からDX-Pedi(ZL8R)が先日まで行われていました。ニュージーランド領の島嶼は数多くQSO/QSLすることができ、WAP・Awardに寄与しています。

Zl8aasr Kermadec Is,New Zealand,Oceania 《 ZL8AAS 24Mar1984 0417UTC 10m SSB 》現在のスタイルでは、DX-Pediでは統一のシンプルなコールで運用するのが常ですが、このころは個々のコールでやるスタイルが主力でしたね。このQSL以外にZL8BQD by ZL1BQD,ZL8AMO by ZL1AMO等が同時運用されて多くの方がcfmされていることと思います。Ron ZL1AMO主導のOCでのPediが数多く行われており、皆さんご存じの通りです。

Zl9ci そういえばケルマディックという名前は、ハムになる前に小学校5年生の時に父に連れて行ってもらった映画「日本沈没」にでてくる深海潜水艇の名前であり、強い印象を持っていました。ZLの島嶼では残るはキャンベル諸島(Campbell Is)があります。(ZLAward的にはZL5も残ってますが・・・。) この欲求不満は相当なもので、1999年に行われたZL9CIのビデオを観て、悶々とした日々を過ごしております・・・。

2006年10月17日 (火)

Narechi Island

Ri9k Narechi Island,Russia,Asia 《 RI9K 08Sep2001 0954UTC 12m SSB 》数少ない12mBandのQSLです。ナレチ島と呼ぶのでしょうか。インターネットで地図を探しましたが出てきませんでした。RSGB/IOTAのHPを見ると申請者中の申請率は28.6%とそれほど高くなく、比較的レアなのかも。

2006年10月16日 (月)

Big gun in GA

K4jpd Douglasville,GA,USA,North America 《 K4JPD 23Sep1990 0118UTC 10m SSB 》QSLはジョージア州のSteve K4JPDです。いただいたQSLには立派なアンテナファームが写っています。QSL裏面の注釈によると、160',140',125',85',75',60'X2で合計7本のタワーが建っていることになります。こちとら1本も持ってないのに・・・(涙)。Wはこんなんばっかし。ちなみに彼のHPにあるプロフィールでは、特定バンドに2週間ずっと居たばっかりに、SilentKeyの噂が広まったとか・・・・かなりにアクティブステーションのようです。

2006年10月15日 (日)

舞姫誕生!

Pa140021 昨日からローカルの村祭り開催中。2ndは小学校6年生であったことから、舞姫に抜擢され、イヤイヤ言いながらも練習を続け、しっかりと”浦安の舞”を踊りました。(拍手)

神に祀る神聖な踊りとは裏腹に、娘的には多少なりとも入ってくるバイト代が目的のようで・・・。 

National Weather Service

特別局(Special Event Station)のQSLです。気象関係の行政機関は気象庁しか思いつきませんが(私が知らないだけ?)、Wには、NOAA、SKYWARNやNWSというところがあるようです。仕事の詳細はわかりませんが、映画”ツイスター”のシーンを思い出しました。

N0g Des Moines,IA,USA,North America 《 N0G 07Dec2002 2317UTC 10m SSB 》 Recognition Dayとあるので、活動PRの日でしょうか。HPを見ると全米150箇所程度に事務所やセンターがある大きな組織のようで、すべてからQRVがあったのかなぁ?当日は複数のNWS局とQSO/QSLしました。QSLのデザインはバラバラだったと思います。

映画”デイ・アフター・トゥモロー”でも「自然」が相手のパニック映画でした。実際に環境破壊や天候異変が続いており、大変重要な仕事ですね。

2006年10月12日 (木)

アワードリストを追加

1985_wavkca マイフォトリストへ「Awards」を追加しました。このトップページの右サイドバーの下段にあります。是非ご覧ください。

2006年10月10日 (火)

Whidbey Island

N7wdx Whidbey Island,WA,USA,North America 《 N7WDX 25Mar2001 0218UTC 10m SSB 》 この島からは何枚もCfmしていますが、これが一番綺麗です。シアトルの北100kmにあり、人口は85,000人以上いるようです。他のQSLにはフェリーの写真があり、不便なところかなぁと思っていたら、橋が架けられているそうです。 IOTA NA-065, USI WA-001S

2006年10月 8日 (日)

秋の空

Pa080009 マイカーが車検でドック入り。ステアリングから異音がしており、細かな点検もお願いした。以前は、エンジンルームにコロボックルが住み着き異音がしていた(hi)が、彼らは引っ越ししたようでそちらからの異音は最近はありませんでした。でも●●自動車さんの話では、ちょっと時間が掛かるとの話。まぁ、いいか・・・だって代車は「TOYOTA/アルファード」だし。全然いいじゃん!!娘もお気に入りで、「どっかいこうよ~、アルファードで」。写真に写っているホモサピエンスが、我が娘であります。

Pa080004 娘はまだ小学生なのに、服は「Roxy」ブランドと決めている。(まったく生意気な、たまには勉強しなさい!)。浜松のスーパーゼビオに服を買いに行った帰りに、空一面”鱗雲”だった。秋だなぁ~。鱗雲が出ると鰯が大漁なんだってさぁ。

2006年10月 7日 (土)

Futuna Island

太平洋の仏領はいろいろとありますが、その中で個人的にFutunaはレアです。Wallisは結構QSO/QSLが多いのですが、Futunaは数少なくて、10m以外はすべてバンドニューになります。

Fwfo5iw_1 Futuna Island,French Overseas Territory,Pacific 《 FW/FO5IW 07Sep1991 0035UTC 10m SSB 》 国旗(?)がお洒落です。場違いな中世ヨーロッパの雰囲気が漂います。

LOTWへ送信!

昨日は、超長時間の会議でお疲れモード。というわけで昨日は帰宅して、バタンQ~(なんか表現がうちの婆さんぽくて、古臭~)。ARRL/LOTWへQSOデータが送れなかったので、今日の午後WebのMyPageから送りました。もともとLogはJA7BEN 千葉OMの”LOG4DX”だったんで、ADIFにデータ変換して簡単に送ることが出来ました。

結果は・・・?結果ですかぁ~。とりあえず入力してあったQSO数3,444を送り、QSLは549、DXCC/Mixでは、なんと僅か86で100にも届かず。アレレッって感じです。

とにかくいい加減にDXCCはGet!しようと思うので100で申請したいです。不足分の14+αのQSL現物を送ればいいのでしょうか???

2006年10月 2日 (月)

NA-082

結構WもIOTAが盛んですね。特に”USisl”でPediも活発のようです。

K5c Cat Island,MS,USA,North America 《 K5C 04Apr2003 2329UTC 10m SSB 》有名なマグノリアDXAによるIsland Pediで何回か行われているようです。本土から6マイルですので、Expeditionというレベルではないかもしれませんが、HPにロケーションと上陸の様子が画像掲載されています。HPの地図を左ワンクリックしてください。この無人島のどこからQRVしたのか教えてくれます。NA-082,USI:MS002S

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »