• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« 硫黄島 | トップページ | ル・ゴワの堤防 »

2006年9月20日 (水)

Palmyra Atoll

今月のCQ誌も買った。初めて行ったハムフェアのスナップ写真にひょっとして、オレ、・・・・載るわけなかった(当たり前じゃん)。

KH8SI Swains Island-DX pediの記事でSwainsが個人所有の島でビックリ、K1ER Johnが元米国海軍提督(Admiral)で2度ビックリ。そしてP201のN4BQW Chuckがサイレントキーになった記事を読んでガックリした。元宇宙飛行士で精力的にDX-PediをこなしていたChuckなのに、わずか54歳で亡くなるなんて、残念の一語に尽きます。弱小DXerにはブーベなんて、夢の世界。ある意味、宇宙よりも難しい地球上の島へ行くことが出来たHeroに合掌。

Kh5kh6nd Palmyra Atoll,OC-085,USA,Oceania 《 KH6ND/KH5 18Jun2000 0433UTC 10m CW 》 僕には大型Pedi K5K Kingman Reefよりも価値が高いパルマイラ島のQSL。一瞬、僕はChuckに近づいたが、永遠にQSOすることができなくなってしまった。

« 硫黄島 | トップページ | ル・ゴワの堤防 »

QSL(Oceania)」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185701/11974709

この記事へのトラックバック一覧です: Palmyra Atoll:

« 硫黄島 | トップページ | ル・ゴワの堤防 »