• Fk8dd
  • Img_0001
  • Photo
  • 3b9fr_r

« Sister city | トップページ | ロボス島 メキシコ »

2006年9月 4日 (月)

KL7CQ Wilse

ときどきハム雑誌の表紙を飾った方が、QSLにされているのを見ます。特に印象に残っているのが、このKL7CQ Wilseです。

Kl7cq_1 Anchorage,AK,USA,North America 《 KL7CQ 25Oct1981 0601UTC 10m SSB 》 米国CQ誌1980年9月号の表紙を、KL7CQWilse/KL7AP Bettyが気球を使ってアンテナ建設している様子が飾りました。裏面にある説明では、アンテナは20m用の6エレモノバンダーだそうで、タワーのトップは80フィート(約25メートル)とのこと。写真を見て感じるほど高所ではなかったようです。サイクル23で、KL7CQのコールサインを聞き、早速QSOしましたが、現在ではこのコールサインはクラブ局(Alaska DX club)に割り当てられていました。QRZ.comで検索したところwilseは現在、ワシントン州でWX7Pとして活躍されているようです。

« Sister city | トップページ | ロボス島 メキシコ »

QSL(North America)」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185701/11748068

この記事へのトラックバック一覧です: KL7CQ Wilse:

« Sister city | トップページ | ロボス島 メキシコ »